電熱ベスト

「加齢によって、寒さを感じにくくなる」というのが本当なのか分かりませんが
前から暑がりの汗っかきだったのに輪をかけて太ったので、寒さが感じ難くなり
気がついた時は身体の芯から冷え切っているという、ちょっと危険な感じ方に
なっていたので、寒さ対策を考えないとと思っていました。

同時に、朝晩と昼間、標高の高低でも気温の変化が大きいので、特にこの時期は
氷点下の世界と気温20度近い所が数時間のうちに起こるので、寒さ対策と同時に
暑さ対策もしないと、汗だくでノボせてしまいます。

アウターはラリー2プロでベンチレーションのファスナーを開けたり閉めたり。
インナーは吸汗速乾な長袖下着と電熱ベストの組み合わせにしてみようと思います。

「電熱ベストなんて、オッサンじゃあるまいし」
「季節を感じて走るもんだよ」

と思っていた時期もありましたが、よーく考えなくてもMarloweも
十分に「オッサン」になっていました(苦笑)

「電熱ベストはただ暖かいんじゃない、温泉に入っているような温かさ」
との事なので、非常に楽しみです。

電熱ベストといえば、WIDDERだと思っていましたが、どうやら製造販売を
中止したらしく、残っている製品を買う事はできるようですが、この先を考えると
今からワザワザ選ばなくてもいいかな?と。

次いで有名なのがイタリアのKLAN。
イタリアといえば、愛用しているBluetoothのインターフォンもイタリア製。
ドゥカティとモトグッツィ、そしてアウトストラーダの国はライダーにも優しいの
でしょうか?
しかも2008年から電熱だけでなくて、温風も組み合わせて、接してない所も
暖かくしてくれるという優しさアップだそうです。

暖かいのは嬉しいんだけど、涼しくもなって欲しいので、KLANは候補から外しました。
寒がりの人には良いと思いますよ。

で、バッテリー駆動の安いタイプが沢山ありますが、バイクとワイヤーで繋がらない
のはいいんですが、充電やら出力やら考えると候補外。
耐久性もちょっと心配です。

で、残ってきたのがGERBING’S。
ハーレーの純正扱いで電熱ベストやウエアを出しているメーカーのようです。
最近では電熱のインナーウエアだけでなくて、プロテクター付きのアウター
ウエアで電熱内蔵も出しているようです。



で、買ったのはココです。



左から
車両のHellaソケットに接続するケーブル
可変コントローラースイッチ
下が
電熱ベスト
です。
電熱ベストは密着していないと暖かくないというので、サイズが心配でしたが
アメリカ製品なのでサイズ展開は十分Marlowe的には対応してて、試着して
サイズ変更をしたいときは、送料自己負担で対応して貰えるというので安心して
購入できました。

将来的に、タンデマーの分を追加したいときの組み合わせのアドバイスも貰えて
満足です。

今度の週末はもう電熱ベストは必要ない温かさかな?
[PR]
by marlowe_gsa | 2010-04-07 20:39 | Goods
<< 幸手市権現堂堤の桜 中村農場と山梨県の桜ツーリング >>